Interview / 先輩インタビュー 藤原 義行

過去の事例やローカルルールなど、小さな情報のカケラを集めて自分なりの形を作り、その上で先輩や上司に確認して一歩一歩進んでいく、その繰り返しです。

藤原 義行Yoshiyuki Fujiwara

東京本社エネルギープラント部
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 総合デザイン工学専攻卒業
2010年入社(新卒)

お客様ひとりひとりの考え方を見据えての、管理業務

業務内容はその時の仕事の内容次第で変わるのですが、おもに計装点検、管理業務を行っています。
机上と現場は半々で、作業時には現地に赴いて立ち会いをし、お客様への説明をしたりします。
自分にとっては新規の業務でも、会社としては10年20年のおつきあいのあるお客様との仕事ですから、過去の事例なども充分予習していかないと前に進めません。
お客様お一人お一人の考え方も違うので、機械のことをわかっていればいいという仕事ではないですね。

入社2年目で起こった大震災

入社当時は覚えることが多く、特に発電所は30年40年前の機械が使われている部分もあるので、いろいろ調べるのもひと苦労でした。それも先輩たちのおかげでなんとか乗り越えられたと思っています。
2年目に入り、仕事に慣れてきた頃、東日本大震災が起こって状況が一変しました。会社としても大きく変化しました。今は新しい挑戦に向けて、より結束した印象があります。

好きな「ものづくり」を活かしていきたい

子どもの頃からものづくりが好きで、木工や、ミニ四駆も好きでした。将来はインフラの仕事をしたいと考えていたので、そういう意味では希望通りの職に就けたと思います。これから会社の事業内容が広がっていくと思うので、そこに貢献できたらと思っています。

休日は自転車と自作PCの組み立て、そしてラーメン

手を動かすのが好きなので、部屋には自作のPCが3台あります。それから自転車も、バラしたり組み立てたり…。普通の自転車に見えて実はすごく速い!というのを目指しています(笑)。給料はけっこうつぎ込んじゃってるかなと思います。
あと近所のラーメン屋によく行きます。ラーメンの話題はお客様との雑談にも役立ちますから。まあ、教えてもらう一方ですけど(笑)。

学生のみなさんへ 働きながらやりたいことを見つけてもいい

こんな事を言うのは少し照れくさいですが、家族のような会社です。困っている時はお互い助け合えるような…。
色々なことができる会社なので、働きながら自分のやりたいことを見つけることもできると思います。一緒にがんばりましょう!

採用のお問い合わせ・エントリーはこちら