Interview / 先輩インタビュー 山口 春樹

今は現場で基礎の基礎を一から覚えているところ。覚えた仕事をしっかりこなせるとホッとします。将来的には、自分の得意なことや大学で学んだことなども活かしていきたいです。

山口 春樹Haruki Yamaguchi

東京本社エネルギープラント部
学習院大学 経済学部 経済学科
2016年入社(新卒)

まったく知らない業界にも、安心して飛び込めました

これまでは、「計装業」っていう業界自体、よく知りませんでした。求人を見てなんだろう?と思い説明会に行ったところ、業界のこと、会社のことを本当に丁寧に説明してもらえたので不安に思うことなく応募をしました。面接でも、質問しやすかったです。最終面接では、社長が具体的なことをどんどん質問してくださって、そこでさらに安心感とやる気が芽生えました。

場所も内容も、変化に富んだ仕事です

現場は東京と神奈川エリアです。プラントの管理や、ガスの検知器の点検、さまざまな計器の点検などの仕事をしていて、期間も数日から数カ月とさまざま。勤務時間も、その現場によって違います。同じ場所で同じ仕事をするより、変化がある方が自分には向いていると思います。いずれ地方に行くこともあるかもしれませんが、それも楽しみです。

入社3年間は寮に入れます。正直、助かってます

本社の近くに寮があり、入社後3年間入れます。家賃・光熱費に会社の補助があるので、正直すごく助かっています。休日は友人と博物館や美術館に行ったりします。この仕事に就いてからは、未知の分野の知識を得たこともあり、趣味の部分でも面白いと思えることが増えました。見聞が広がったというと少しおおげさですが(笑)。

学生のみなさんへ 広い視野を持って、どんどん挑戦しよう

まず面接を受けてみることをおすすめします。僕の場合、まったく知らない業界でしたが、説明会と面接で受けた印象が大きな決め手になりました。決めつけないで、広い視野を持つことが大事だと思います。

採用のお問い合わせ・エントリーはこちら